ありのままの、アナタのAV撮らせてください。 1 春咲りょう | 春咲りょうコレクション

ありのままの、アナタのAV撮らせてください。 1 春咲りょう

ありのままの、アナタのAV撮らせてください。 1 春咲りょう

一応”ありのままの、アナタのAV撮らせてください。”というシリーズがあるのですが、シリーズといってもこの春咲りょうさんの作品だけ。作品の内容が過去をさらけ出すというコンセプトになっているので、友達や家族に対してAVに出演している事を一切隠していない春咲りょうさんにしか出演の許可をもらえずにシリーズとして成立していないのでは?と勝手に想像してしまいます。

作品としては春咲りょうさんの地元である茨城県土浦市での撮影と、東京に帰ってからの撮影という2部の構成となっていて、エッチはというと合計で2回です。

春咲りょうさんの生まれ育った茨城県土浦市では、帰郷する度に乗り回しているという親名義にも関わらず勝手に車内を好きなアーティストのグッズで飾り付けた愛車?まで引っ張り出し、それに乗って地元を巡り学生時代によく通っていた喫茶店に立ち寄るとファンにとっては貴重としか言いようのない卒業アルバムを公開。初彼氏や友達との思い出がたくさん残っている高校初キスをした河川敷に足を運びその場その場で春咲りょうさんのルーツをさらけ出し、初体験を済ませたというラブホテルにチェックインするとAV男優の一条真斗氏に抱かれてしまいます。
確か記憶が正しければ”【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 342”では初体験は彼氏の家だったと話していたような気がするのですが、一体どちらが正解なのでしょうか?普通に考えれば春咲りょうさんの初体験は高校生なので彼氏の自宅の方が自然な流れだとは思うのですが、春咲りょうさんの初彼氏は高校を途中で辞めてしまいある集団のリーダーというやんちゃな彼氏という事を考えるとラブホテルも考えられなくはないですが、真相は春咲りょうさんのみが知っている事でいずれにしても春咲りょうさんのバージンを奪った初彼氏については貫通式を済ませた1年後くらいに他の女に手を出し春咲りょうさんを振ったという経緯もあり、今となっては後悔先に立たずかもで、ご愁傷様です。

東京でのエッチは夜景が下に見える高層ホテルの一室。相手はAV男優の森林原人氏で、春咲りょうさんはというと白と黒のエロ下着に太もも丈の黒網タイツをスレンダーボディに纏い、手は手錠で拘束され目に黒い布を付けられ視界を塞がれます。拘束や目隠しのプレイで興奮してしまったのかあそこは敏感に反応してグチョグチョ!いろんな体位で森林原人氏に突かれていましたが手を拘束されたままの羽交い絞め立ちバックがスタイル抜群のボディ効果もあり特に絶品でした。

春咲りょうという1人の女性の事が分かるドキュメント作品となっているので、ファンとしては見逃し厳禁の1本ですね。東京でのエッチは作品コンセプトからすると必要無いシーンに思えますが地元シーンは”素人以上、女優未満”、東京のシーンは”女優としての春咲りょう”と区別されていてAVであるのに手抜きが無いという印象です。ありのままの春咲りょうさんの姿はファンなら必見です!

本ページの情報は2019年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました